企業主導型保育園とは

企業主導型保育園とは

「となりのすまいる保育園」は、内閣府所管 企業主導型保育事業の保育園です。

認可外保育所に位置付けられますが、保育内容や設備などは認可保育園と同水準の基準を求められ、厳正な基準をクリアした企業に限り運営が認められている保育園です。

園が主体となり運営することにより、地域行政を通さなくても、園との直接のやりとりで入園することができます。

企業枠と地域枠があり、運営する企業にお勤めの方はもちろん、そうでない方も保育認定を受けたお子様であればどなたでも入園することができます。

一般的な認可保育園と企業主導型保育園の違い

一般的な認可保育園とは、市区町村が認可した保育園のことを指します。入園の際にはお住まいの市区町村へ申請して「保育の必要性」を認定してもらい、入園の決定は市区町村が行います。利用料は保護者の前年度の世帯収入によって決まります。

企業主導型保育園は、一般的な認可保育園と同じ保育士の人数配置や安全・衛生基準で運営され、市区町村への申請が必要なく、入園の決定は保育園が行います。一般的な認可保育園と同等の保育料で利用することができます。

企業主導型保育園を利用できる方

共同利用の契約をした連携企業(事業所)にお勤めの方が利用できる【企業枠】と、それ以外で「保育の必要性」の認定を受けた方が利用できる【地域枠】に分かれます。

国の定めにより【企業枠】のお子様を優先的にお預かりすることになっています。共同利用の連携企業契約には、当保育園の場合、企業側の費用はいっさい発生しません。

企業枠

・当園と共同利用の連携企業契約を結んだ、社会保険加入事業所(子ども子育て拠出金を支払っている事業所)にお勤めの方。社会保険未加入のパート社員の方も含みます。

地域枠

・当園と共同利用の連携企業契約を結んでいない企業にお勤めの方。
・厚生年金保険や国民健康保険、共済組合保険(公務員など)に加入の方。
・「保育の必要性」の認定を市役所より受けた方。

企業主導型保育園に入園するためにはどのような手続きが必要ですか?

園に直接お申込みをいただきます。【企業枠】は、お勤め先の事業所と共同利用の連携企業契約(無料)を交わします。
それ以外の方は【地域枠】になり、市役所に「保育の必要性」の認定書(保育認定)を発行していただき、園へ提出してお申し込みとなります。

保護者様向けのご質問と回答

Q1.ふじみ野市以外に住んでいても子どもを預けることはできますか?

A1.ふじみ野市以外に在住の方でも大丈夫です。


Q2.お弁当ですか、それとも給食ですか?

A2.となりのすまいる保育園では自園調理を実施しています。入園前に保護者の方にアレルギーに関する内容を確認しますので、それに沿ってアレルギー対策を実施しています。


Q4.慣れ保育の期間はどのくらいですか?

A4.慣れ保育は、おおむね1週間をめどにしています。


 

PAGE TOP